みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

フルーツショートのスコップケーキ

2011.03.19

 兄が来月から東京に単身赴任するという事で、
今日は実家でちょっとした送別会。
料理教室を終え、ケーキを持って車で実家に向かう。
5歳~66歳まで7人分。
年齢幅が大きいので、みんなが食べられるように
今回はリキュールを使わず、
オーソドックスなフルーツで作る。
作り始める時間も大切。
スポンジと生クリーム・シロップが
ちょうどなじんで美味しくなる時間を逆算して、
早起きして仕込み始める。

【材料】21cm角の入れ物 約10~12人前
スポンジケーキ  2台分(市販品でも可)
生クリーム      400ml
砂糖          20g~ 
(20gはかなり甘さ控え目です。)
ヨーグルト    50g(なくても可)
苺          1P
バナナ       2本
キウイ       2個
レモン汁      適量

シロップ
水                70cc
砂糖               30g

【作り方】
①苺は飾り用は縦4等分それ以外は中に入れる用に
 横スライスしておく。バナナはスライスしたら、
 変色をしないようにレモン汁をかけておく。
 キウイは皮をむき、適当にカットしておく。
 水と砂糖を鍋に入れて
 煮溶かしシロップを作り、冷ましておく。
②生クリームは6分くらいに立ったら、砂糖と
 ヨーグルトを入れて8分立てにする。
③スポンジ生地は上部を薄く切り取ったら、
 横4等分にスライスする。
④バットに③のスポンジ生地を敷き詰める。
 型の形に合わせるようにカットする。冷めた
 シロップをはけで塗る。②のクリームをのばし、
 ①のカットフルーツをのせ、またクリームで覆う。
⑤④をもう一度繰り返す。
⑥最後にもう一回スポンジをかぶせ、シロップを
 うち、クリームをのばし飾り用のフルーツをのせる。

すぐにも食べられるが、私は作ってから9~12時間くらい経ったくらいの
なじんできたころが好きです。

 

スポンジケーキ
【材料】20~22cmマンケ型 2台分
卵                                   6個
砂糖                               150g
薄力粉                              180g
無塩バター                         70g
はちみつ                             大さじ  1/2
湯                                  大さじ 1/2

【作り方】
①はちみつとお湯と混ぜて溶かしておく。
 薄力粉は2回ふるっておく。無塩バターは溶かしておく。
②卵はボウルに割り入れ、50度くらいのお湯に湯煎
 しながらハンドミキサーで泡立てる。
 ある程度泡立ってきたら砂糖を2~3回に分けて加え、
 さらにもったりするまで泡立てる。
③①のはちみつをお湯で溶いたものを入れて全体を
 混ぜ合わせたら、全体を合わせ、ふるった薄力粉を
 2~3回に分けて泡をつぶさないように混ぜる。
④溶かしバターを加え、全体を混ぜたら型に流し入れて、
 180℃に予熱しておいたオーブンで25分~30分焼く。
⑤焼き上がったら、10cmの高さから④を落として
 ショックを与える。型から取り出し、網に取り冷ます。

スポンジは1日ねかせた方が使いやすくなります。

 

小さい時、誕生日か何かで母が市販のスポンジケーキと
生クリーム・イチゴでショートケーキを
作ってくれたのを覚えている。
こんなに簡単に作れるんだ・・、と思っていたけれど、
実際は難しい。

20代前半にお世話になっていたバイト先のケーキは
スコップケーキ。
これを見てからは、家で作るケーキは
スコップタイプのケーキになった。
綺麗に作るより、
無造作に作る方が美味しそうになるから不思議。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.