みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

応援と確認

2018.03.11

3.11。
東北応援フェアをスーパーでしていたので
思わず買ってしまった、
ずんだどら焼き と ゴマかりんとう。

災害の後は、
時間がたつにつれ色んなものが薄れていく。
苦しみや悲しみなど、少しずつ薄れて
前向きなれる事は良い事だけれど、
忘れてはいけないありがたみまで
一緒に薄れていてしまう。

料理をし、その一つとして感じるのは
資源のありがたみ。
水 電気 ガス など、
災害の時は当たり前に使えないこれらの資源。
災害が無ければありがたみが分からない事が一番悲しい。

大切に使う事、今一度立ち止まり、
丁寧に確認しながら生活をしていきたい。
日常生活が普通に過ごせることが
何よりも幸せなのである。







copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.