みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

2018.11.08

現在公開中の日日是好日という映画を少し前に見た。

茶道をテーマとし、人生を重ね合わせた映画。
その中のワンシーンで
「先に形を作っておいて 後から心が入るもの」 
という言葉
料理にも通じる言葉である。

小さいことから料理はしていたので
形が出来上がったのは早かったと思う。
ただそのころにはただ作る事が楽しかっただけ。
それでも家族のため、友人のため と作る料理には
その時の自分にふさわしい
小さい心は入っていたかもしれない。

年を重ねるにつれ、
材料となる素材や水光熱などのエネルギーを
無駄にしないように とか 季節の旬のものを とか 
地球や自然と関係する方へも心が向いていく。

形が成熟するにつれ、少しずつ心も成熟するのであろう。
今の形には 今ある心。
それ以下になることも それ以上になることもない心。
その時にその人にふさわしい心で料理をすれば良い。

私もまだ本当に目指す心には辿り着いていない。
いつかその心に出合えることを願う。








copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.