みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

滋賀一人旅 水と花を見に

2019.08.06

野洲で琵琶湖の食を買った後は

米原の方へ車を飛ばし、醒ヶ井へ。

本当は行く予定ではなかった。
厳密には行きたかったけど、あきらめていた。
宿泊したビジネスホテルのパンフレットに
載っていたのを見て、やはり行っておこうと
急遽予定を組みなおしたのだ。

見たかったのはお花。
川に生息する藻に咲く花、梅花藻である。
ちょうど見どころは8月。
実際は水かさが増えて、花は見えにくかったけれど、
道の駅にあった梅花藻はきれいに見えた。(大画像)

梅花藻が咲いている場所は 醒ヶ井宿という
普通の民家などが並ぶ川辺。
氷水のように冷たく、見るからにきれいな透明感。
この冷たさであれば、西瓜も冷え冷えになるだろう。

梅花藻は スイカの下にも
百日紅が写っている画像の川にも
芝生のように見えるものがそのもの。

少し遠回りだったけど、行ってよかった。
8月いっぱいが見頃だそうです。


copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.