みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

控えめラーメン

2018.10.15

お昼ご飯を沢山食べたので晩御飯は控えめ。

ラーメンといっても麺の代わりにえのきともやし。
味噌と豆板醤、練りごまの風味のスープは、
鶏ガラのスープと豚ミンチの肉そぼろの
コクと深みのある美味しいスープなら満足度が高い。



逃げる

2018.10.14

同じレシピの試作が何回も続く時、

さすがに食べ飽きる。
カレーなら何日か続いても飽きないからこそ
まとめてリメイクに逃げる。

今回は試作で使った加熱済みの鶏肉を使い、
人参、玉ねぎ、大根とサツマイモでルーカレーに少し頼る。
3回分のご飯出来上がり。




鮎のパスタ

2018.10.03

冷凍しておいた鮎のコンフィ

万願寺唐辛子とねぎたっぷりで
醤油麹と唐辛子で少しピリッと。

鮎のコンフィは骨ごと食べられるので
頭と尾以外すべてほぐして頂きました。




ほっこりおかず

2018.10.02

台風の日に買い物に行かずに

家にあるものでおかず作り。
冷凍庫にあった牛肉と残り物のごぼう。
半分は乱切り、半分はささがきにして少し遊ぶ。
甘辛く炊いて出来上がり。
ご飯が進むおかずです。




鯖パスタ

2018.09.28

教室でも今月から鯖の水煮缶を使ったメニューを
取り入れています。
ご受講して頂いた生徒さんからは思った以上に好評で、
簡単で安あがり、でも本格的な味と喜んで頂いた。

最近の災害の備蓄に必須の缶詰めは
永久に保存できるわけではないので、
消費していかなくてはいけない。

災害の最中はそのまま食べることになるだろうけど、
美味しい料理法を知っていれば、
備蓄することが無駄ではなくなる。

今日の晩御飯は余った鯖水煮缶とトマトソースでパスタ。
ツナ缶で作るパスタとはまた満足度が違う。
骨ごと食べられるし、鯖のだしがうまみたっぷり。

グリーンオリーブとあまりのサワークリームも投入。
クリーミーな満足パスタの出来上がり。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.