みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

余韻がある

2015.10.08

櫻井食堂の残り物。

普段から来ていただいている方々は
暗黙の了解でタッパーご持参。
余った料理は持って帰ってもらい
次の日にも楽しんでもらっています。

今回初めて生徒さん向けにした食堂は
どういう感じになるかがわからなかったので、
タッパーを持ってきてもらうことは一切アナウンスせず、
こちらでいらない容器を準備して、
生徒さんに持って帰ってもらいました。
次回からはタッパー持参決定です。

レシピ付き食堂 というのも、
長年やってみたい ということもあったのですが、
いざとなると、かなり難しく、長い間足踏み状態でした。
今回教室の生徒さんだからこそ興味があると思い、
挑んだ結果、結構厚みのある冊子となり、
結局、自家製のパンチェッタとパンのレシピ以外は
すべてお渡しする事ができ、一安心。
何か基盤のようなものもできた気がします。

普段来て頂いている方々は、
レシピ付きではありませんが、
作り方はお教えしますので遠慮なく質問してくださいな。

教室から派生した飲食店 ということで、
皆さんの食卓や日常に何かおすそ分けをできる事を
その日だけ ではなく、 また次の日からもずっと
その余韻に浸ってもらえるように
これからも考えていきたいと思います。

和み食卓 クロガネ料理教室 共々 櫻井食堂も
これからもよろしくお願いいたします。







レシピ表紙

2014.05.04

櫻井食堂の始まりは前に説明しましたが
その時から考えていたのが
料理教室から派生した飲食店であれば
レシピ付きの飲食店というのでも
良いのではないかという事。

外食した際の料理が気に入り、
その料理をまねて作って
後々その家庭の定番となる事もしばしば。

そんな「真似して作ってやる」根性を
後押し出来れば という思いで
ここ1年半ほど下準備をしてきました。

教室用の試作だったり、
急に思いついて作った料理もあるので
お出ししたお料理すべてのレシピを
付けることは出来ないとは思います。

手始めにゴールデンウィークの
特別レッスンでお試ししています。
皆さん答え合わせのようにしながら
楽しそうに食べていたのが印象的です。

レシピ用の表紙も作って頂きました。
その中で、櫻井料理という言葉は
私にとってはとても嬉しいとともに
背筋が伸びるような緊張感をくれました。

自分自身ももっと大変になり、
難しいチャレンジとなるでしょう。
ゆっくりですが一つ一つ確実に進めていきます。







櫻井料理

2014.05.03

櫻井食堂で作っているお料理は
出来るだけ高級食材ではなく
手に入りやすい食材中心にして
少し手間をかける料理と
逆に見た目よりも簡単にできる料理、
そうゆう料理達を組み合わせています。

色んなジャンルに挑戦はしていますが、
本場のお料理というよりはむしろ私流。
おうちごはんと外食の間、
真似しやすい料理というわけです。

手間がかかる分、保存方法を工夫したり、
残った食材を一旦冷凍し、
それをさらに提供する際に、
どう使い美味しく復活させるか。
予算内でどの食材を使い、どう見せるのか。

毎日オープンしている飲食店ではないので、
何かしら提供できるものが常にあるのではなく、
1人で10品以上その日の為にゼロから作っていくには
工夫というものが必要でした。
そしてそのノウハウはもっと家庭料理を円滑に
するのにとても役立つものとなりました。

皆さんに喜んで頂いている以上に
自分の力となって帰ってくる櫻井食堂。
これからも続けられるように頑張ります。



櫻井食堂 とはなんぞや

2014.04.30

櫻井食堂
何の事?と思う方も多いので
いったん説明しておきます。

教室中心というスタイルでありながらも
飲食店営業も出来る立地であったため、
工事に入る際に飲食店営業許可も
同時に取りながら店作りをしてました。

元々飲食店として営業できる日数も少なく
まずは教室優先としていましたが、
なんせ初年度の生徒さんの少なさもあり、
それでもしないといけない試作の山、
試作をするのにもお金がかかり
追い詰められて
「試作したから食べに来て」
が始まりのきっかけ。

教室の名前は決まってきたものの、
最初はこんなに予約が入るとも思わず、
飲食店時の名前はありませんでした。

何がいいんかいな~、
こじゃれた名前は似合わんし、
高級路線目指してないし、
気軽な感じがええけど~。
こんな感じで模索していた時に、
お知り合いが何気に発したのが
「櫻井食堂」 
はっとして使わせて頂きました。

現在教室の生徒さんが増えてきたので
櫻井食堂は私が出来る時にしか行いません。
私一人ですべての仕事をしているので、
大したサービスも出来ず、
一部セルフサービスをお願いしています。
そのため勝手ながら一般からの受付はせず、
お知り合いの方中心とさせて頂いています。
今後は教室に沢山通って頂いた生徒さんの
特典として櫻井食堂も開放する予定です。

その予行演習として、
ゴールデンウィーク限定のキャロットケーキ教室
に櫻井食堂をプラスして体験して頂いています。

そんな感じで今後も櫻井食堂を
宜しくお願い致します。




copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.