みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

肉豆腐

2019.12.13

何となく肉豆腐が食べたくなって、

出汁のきいた薄味で仕上げてみた。
薄味なので豆腐に味をしみこませるため1日置く。
三つ葉のさわやかさがこの肉豆腐には合う。
白ご飯が進むとは言えないけれど、
おかずとしては成立。

和風のだし汁に薄口醤油とみりんを加え、
湯通しした牛肉のスライスと豆腐を加え、
10分ほどコトコト。
一晩寝かし、再び温め三つ葉をどっさり。


漬け物

2019.12.12

最近の私の流行り。


漬け物の味が濃そうなときは水でさっと洗い、
漬け物をレンジで温め、
ごま油とごま、鰹節をかける。

白ご飯とも相性良し。




蕪とハムのサラダ

2019.11.28

蕪とマヨネーズの相性は良い。

蕪の季節は絶対に食べたくなるこのサラダ。

蕪をスライスし塩もみをして絞る。
カットしたハムとマヨネーズで和える。




何でもあり。

2019.10.25

最近は出来るだけおかずを多めに作って

小鉢の多い食事を心がけている。
おかずの組み合わせる食材に理由はない、
ただ家にあったからというだけであっても
立派なおかずになりうる。

茄子 かえりちりめん 切り昆布 ニンニクとショウガ。
油でさっと炒めてからお水を入れ、
ナスがくったりするまで煮てから
水分を飛ばすように煮詰め塩で味を調える。
魚と昆布からだしが出てあっさり味でも滋味深い。

ある程度料理が出来るようになれば、
何でもレシピ通り、検索したものを参考にして作るより、
行き当たりばったりの料理を作る。
この成功経験を積み重ねていけば、
余りがちな食材 などというカテゴリーは消滅し、
家にあるすべての食材が必要なものとなる。


懐かしのサラダ

2018.09.27

仕事で残った茹で鶏。

昔よく母が作ってくれたサラダが食べたくなって、
久しぶりに作った。

きゅうりを塩もみして、
茹で鶏は細かく裂いて、
マヨネーズ 塩コショウで和えるだけ。





copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.