みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

再会目当ての練習

2020.01.29

料理代行の仕事のための練習。

今回で3度目。
今回も20年来の友人、2児の母。
一番下のお子さん以外は皆さん久しぶりの再会。

今まではたくさんの品数 と思っていたが
16品程で5日~1週間程で食べきる という報告。
今の季節であれば日持ちはするが、
作りすぎる事が良い事ではない と感じたので
いったん品数にこだわるのをやめ、
与えられた場所でどう対処するか 
という事を優先して行う。

駅前はスーパーがたくさん。
なるべく安く済ませるために
3軒見比べて食材を調達。

ご希望の牡蠣グラタンや魚料理を中心に、
普段はマヨネーズのマカロニサラダ 
という事だったので、
オーロラソースのマカロニサラダで新たな味を提案。

炊飯器無し、ガスコンロ2口 という状況だったので、
練習していた魚焼きグリルを使っての炊飯もクリア。

これまでは塩麹 醤油麹 甘酒の持ち込みだったが、
今回はミキサーがないという情報があったので、
プラスして 玉ねぎ塩麹 を持参。
玉ねぎ塩麹は 時短料理になる事を発見。
この時短調味料シリーズの開発は
やってみる価値がある。




16品の壁

2020.01.22

料理代行の仕事のための練習。

色んな台所状況での経験が必要。

2児の母で20年来の友人宅へ。
久しぶりなので話をしながらの調理。

事前やり取りで、コンロは2つだったので
レンジ調理で下ごしらえ作戦。
家にある食材は豊富だったので、
買っていくものは少なかった。
違う土地でのスーパー巡りも勉強になる。

娘さんが好きなキッシュを という希望。
冷凍パイシートもある という事だったので、
友人に作り方を教えながらの調理。
偶然にも娘さんの好きなクラムチャウダー
息子さんが好きなマカロニサラダも作った。

その他 冷凍しやすいミートソース
ハヤシライスのソース など
今回も塩麹や醤油麹 甘酒などを中心に味付け。

どうしてもだしを1から取ったり、
手間のかかる料理を作ったりするので
なかなか16品の壁を乗り越えられない。

もっと有効に使わないといけない調理、
要らない道具類もだんだんと整理出来てきた。
少し前進。


料理代行という仕事

2020.01.15

ご自分の家族はご自分の料理で。
という考えは変わらない。
あくまでも理想形 であって
そうあるべき とは思っていない。
少しでも日常の料理が美味しく楽しくなるようにと
教室で指導という立場でいる。

ただそんな日常が儘ならない位になる状況であれば
臨時的に具体的な支援が必要となる。
今のご時世、家事代行というものが定着しつつあり、
ビジネスとして成り立ってはいるが、
まだ依頼することに罪悪感や不安がある方もいる。

この場所がある限り、今すぐには
料理代行という仕事をする事は考えてはいなかった。
偶然お母さんとなった生徒さんとスーパーで会い、
自分にも料理で何か支援できるのでは と直感で思った。

ただそのご家庭にある食材で作る のではなく、
出汁は本当の味を 
調味料は塩麹や醤油麹 甘酒を使って優しい味に。
お子さんでも食べられるよう、
食物繊維や発酵食品など 腸に良い食材も考えながら
気持ちや体調の変化を感じられる料理を。
そしてそれぞれのご家庭にあった
情報やアドバイスを届けられたら 
料理代行 + 学び で
罪悪感からの解放が可能になるのでは、と、
料理教室の先生だからこそ出来るサービスを目指します。

真面目な性格ゆえに 計画した仕事は得意だが、
現地でのアドリブでの仕事は本来は苦手なので、
それに慣れるためにも
一部生徒さんや友人にも協力して頂き、
何が必要なのか、何が喜ばれるのかなど見極めながら
ただいま練習を重ねています。

通常業務を並行しながら行うものなので、
サービス開始はするものの、
ご予約の制限はある程度行います。

お家に伺う以上、お互い不安もなく
ある程度知っている間柄でもあるよう、
過去1年近く 又はそれ以上 
教室に通って頂いた生徒さんの中でも、
子育て中 ご家族の介護中 
ご自身のけがや妊娠中などで
一時的に料理が出来ない方 等、
緊急に支援が必要な方から
優先的にサポートしていきます。

お値段や段取りなど 練習を重ね 聞き取りをしながら
現在最良のサービスになるよう検討中です。
全てが整い次第 ご予約を受け付け開始しますので、
ご支援が必要な生徒さん、もう少しお待ちくださいませ。







copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.