みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

豆腐と茄子のマリネ

2012.10.17

得意の即席残り物料理。
教室で残った焼き豆腐と冷蔵庫にあった茄子。
冷凍庫に常備しているキノコ類。
コンフィで残った魚のうまみが移った
オリーブオイル。
グリルしただけの簡単マリネです。

【材料】
焼き豆腐    50g前後
茄子      1本
シメジ     ひとつかみ
コンフィオイル  適量
(オリーブオイル+アンチョビ
+ニンニクでも可能)
パセリ      あれば適量
塩 胡椒     適量

【作り方】
①茄子は縦にスライスして塩をまぶす。
 水気が出てきたら洗い流して水気を取る。
 コンフィオイルをまぶしておく。
②豆腐は適当にカットし、シメジと共に
 コンフィオイルと塩で和えておく。
③グリルパンで①と②を焼き目がつくように
 焼いたらバットに移し、コンフィオイルを
 まわしかける。お好みでパセリをまぶす。



秋鮭と蓮根のサンドイッチ

2012.10.15

秋鮭のあらのコンフィ
秋のサンドイッチ。
忙しい日のランチはさっとグリルしただけの
お手軽サンド。
コンフィしている鮭だからこそ出来る
早い、安い、うまい!

【材料】
秋鮭コンフィ  適量
蓮根     50g
赤たまねぎ  1/2個
塩 胡椒   適量
ライ麦パン  スライス2枚

【作り方】
①玉ねぎは適度にスライスをして、コンフィ
 オイルで和えてから、グリルパンで焼き
 塩コショウで調味する。
②秋鮭のコンフィもグリルパンで温める。
③さっと焦げ目をつけたパンに①と②を挟む。



わかさぎのアヒージョ

2012.10.12

小さい小さいわかさぎ。
わかさぎの南蛮漬けも大好きだが
ちょうど さんまのコンフィのオイルが
残ったので、けちって使いまわし。
おいしいアヒージョの出来上がりです。

【材料】
わかさぎ    お好みの量
オリーブオイル 適量
塩       適量
にんにく    1かけ
パセリ     適宜

【作り方】
①わかさぎは塩を適量ふり、冷蔵庫で
 1時間おく。
②①をさっと洗い流し、しっかりと
 水分を取り除く。
③鍋に②とひたひたのオリーブオイル、
 皮と芯を取り除いたにんにくを入れ
 中火にかける。
 わかさぎに火が入れば出来上がり。
 仕上げにパセリをふりかける。

 



カリフラワーの金ゴマチーズクリーム煮

2012.10.06

昨日紹介した新登場のQ・B・B金ゴマベビーチーズ
余ったカリフラワーを金ゴマベビークリームで
煮込みました。

このベビーチーズを牛乳煮溶かしたソース。
FM大阪さんのラジオなどでも
以前から紹介させてもらっているお勧めの食べ方。

もともと、クリーム系パスタを作ろうと思ったのに
生クリームがなく、買いに行くのも面倒だった。
「えいっ、チーズ溶かしたれ!」と試してみたら、
生クリームで作るパスタよりも美味しく出来た。

それ以来、生クリームを使うことがかなり減った。
かたくなってしまったチーズもこれならよみがえる。

【材料】
カリフラワー     1/2房
牛乳         200cc
金ゴマベビーチーズ  4個
塩          適量

【作り方】
①カリフラワーは小房に分けておく。
②鍋に細かくちぎったチーズと牛乳・①を入れ
 中火で焦げないようにとろみがつくまで
 水分を飛ばしながら煮る。
③お好みで塩で調味する。
 *最初の方は牛乳吹き零れ注意です。
  カリフラワーは少し煮崩れるくらいが美味しい。



鮭のオイル煮

2012.09.30

この季節、サンマか秋鮭か・・・、
この2つにしか目がいかない。
いつも行くスーパーで鮭のあらは1P100円。
普段はグリルで焼いたり、ボイルするして食べたり。
今回はオイル煮にして何日間か楽しみました。

主にパスタの具材として食べてしまったが
炊き込みご飯の具材としても使える。
先日の鮭と蓮根の炊き込みご飯はこれを使った。

炊き込みご飯に使う場合は、
さっと湯通しして油っ気を落とした鮭を
炊きあがったご飯にのせて10分蒸らしてから
混ぜ合わせました。


【材料】
鮭のあら    お好きなだけ
オリーブオイル たっぷり
塩       適量

【作り方】
①鮭のあらは皮と骨を取り除き、塩を適量
 まぶして1時間冷蔵庫に置く。
②①を取りだし、さっと水で洗い流し
 水けをしっかりとふき取る。
③鍋に②をきっちりと入れ、オリーブオイルを
 ひたひたにまで注ぐ。
④最初は強火にして沸いてきたら弱火にして
 5分加熱する。火を止めて常温になるまで
 おく。
 




copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.