みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

桜海老と春野菜のエスニック炒め

2013.04.21

4月の和み食卓で残った桜海老。
前回は塩焼そばにしたが、まだあと少し残った。

今回は炒め物に。
桜海老があれば肉がない時でも
美味しい炒め物が出来る。
すべて残り物野菜の春キャベツ、新竹の子、
きくらげとスナップえんどう。

味付けはナンプラーを使ってエスニック風に。
ナンプラーが無ければ塩や醤油でもOK。

春らしい炒め物となりました。

【材料】  1人前
桜海老(乾燥)   5g
ニンニク      1/2かけ
春キャベツ     2枚
新竹の子      40g
きくらげ      2枚
スナップえんどう  4個分
ナンプラー     小さじ 1~2
サラダ油      適量

【作り方】
①にんにくは皮と芯を取り除きみじん切り。
②きくらげは水で戻し、スナップえんどうは
 筋を取り塩ゆでしておく。たけのこは適当な
 大きさにカットし、春キャベツはざく切りにする。
③フライパンに桜海老とニンニクとサラダ油を入れて
 から火にかけて、香りが出るようにじっくりと
 炒める。
④キャベツと竹の子とときくらげを入れて
 さっと炒め合わせたらスナップえんどうを加え、
 ナンプラーで味を整える。



乾物のチャプチェ風炒め物

2012.05.15

今日は買い物に行きたくないという日のごはん。

常備している乾物と冷凍していたちくわで
チャプチェ風の炒め物になりました。

よしっ!余分なお金使わずに済んだ!


【材料】2人前
ひじき(乾燥)  10g
干しシイタケ   4個
玉ねぎ      1個
ちくわ      1本
春雨       100g
青ネギ      お好きなだけ
ゴマ油      適量
ニンニク醤油   大さじ2~
酒        大さじ2
水        200cc
(シイタケの戻し汁を含めて)
カツオ粉     小さじ1

【作り方】
①ひじきと干しシイタケはそれぞれぬるま湯で
 戻しておく。戻ったら水切りしておく。
(シイタケの戻し汁は取っておく)
②ちくわは細長くカット、青ネギは小口切り、
 ①の干しシイタケはスライスしておく。
 玉ねぎはくし切りにする。
③フライパンにごま油を入れ火にかける。
 ①のひじきを入れてしっかり炒めたら、
 玉ねぎ、ちくわと干しシイタケを炒め合わせる。
④酒、水(シイタケの戻し汁も入れる)、
 にんにく醤油大さじ1、カツオ粉を入れたら
 春雨を乾燥のまま入れ、
 ふたをして弱火で蒸ら炒めする。
⑤水分がなくなってきたら、
 鍋肌でにんにく醤油を入れてちょっと焦がして
 香りを出したら全体を炒めあわせ、
 仕上げにごま油をまわしかけねぎを散らす。


春雨入り鶏団子と隼人瓜のスープ煮

2012.01.10

淡路島への旅行で買って帰った隼人瓜。

この隼人瓜で中華風煮物。

美味しく出来たのに、
紹介するのを忘れていた。

生で食べるとしゃきしゃきだが、
煮込むと蕪のような食感。


鶏団子は間違えから出来たレシピ。

あれっ 思った以上に
とろとろの肉だねに・・・、水分が多すぎた。

この水分を吸わせる物、吸わせる物、
吸わせる物・・・・・、と探し、春雨発見!

戻さず細かく切って混ぜてしばらく待つと、
やっとまとまる状態に。

逆にこの春雨がいいアクセントとなりました。


【材料】4人前
鶏団子
鶏ミンチ肉      200g
卵          1個
酒          大さじ1
醤油         大さじ1
しょうが絞り汁    大さじ1
すりごま       大さじ1
片栗粉        大さじ1/2
塩          少々
春雨(乾燥のまま)  20g

隼人瓜        1個

自家製鶏がらスープ  800cc
しょうがスライス   3~4枚
酒          大さじ1
薄口醤油       大さじ2
塩          適量
胡椒         適量

【作り方】
①隼人瓜は皮と種を取り除き、一口大にカットしたら
 竹串がすっと通るまで茹で、ザルにあげる。
②鶏団子の材料の春雨以外をよく混ぜ合わせたら、
 1cm幅にはさみでカットした春雨を入れ、
 よく混ぜたら肉種がまとまるまで冷蔵庫で
 しばらく置いておく。
③鍋に鶏がらスープ、酒・薄口醤油としょうがの
 スライスを入れて煮立たせる。煮立ってきたら
 ②の鶏団子を丸めながら入れる。全て入れ終わり、
 あくを取り除いたら①の隼人瓜を入れ、隼人瓜が
 柔らかくなるまで中弱火で10~20分煮る。
 瓜に味を染み込ませるため、鍋ごといったん冷ます。


桜海老のエスニック焼きうどん

2011.12.12

ばたばたと忙しかったので、
残り物とぱぱっと出来る晩ごはん。

お肉がない時のお助け食材。桜海老。

いい味出す賢い食材です。

普通の茹でうどんでもいいが、
この麺料理は乾燥うどんを茹でる方が美味しい。


【材料】1人前分
乾燥うどん     1人前
乾燥桜海老     5g
キャベツ      2枚分
ニラ        1/2束
酒         大さじ1
ナンプラー     大さじ1~2
(なければ塩 適量でも美味しいです)
サラダ油      大さじ1

【作り方】
①乾燥うどんは表示通り茹でておく。
 茹で上がったらいったん冷たい水でしめておく。
②キャベツはざく切り、ニラは適当な長さに切っておく。
③フライパンにサラダ油を入れてキャベツを炒める。
④うどん、ニラ、桜海老を入れて炒めたら、
 酒とナンプラーで味を調える。


ひじきと黒豆のゴマ煮

2011.10.03

無性にひじきが食べたい。

ミネラル不足なのか・・・。

確かに、試作が重なるとそればっかり
試食するので栄養バランスが悪くなる。

胃袋がもう一つあれば、
一つはプライベート用、
もう一つは仕事用と分けたいくらいだ。

とはいっても、体調管理も仕事の内。

という事で、ひじきたっぷり頂きます。

ついでに黒豆の水煮も加えて
黒い食材で合わせました。
(ゴマは白ごまなんですけど・・・)


【材料】
ひじき(乾燥)     20g
黒豆(水煮)      100g
(無ければ大豆水煮でも可)
豚バラ肉        50g
しょうが        1かけ
ごま油         大さじ1
だし汁(かつおと昆布) 300cc
酒           大さじ1
みりん         大さじ1
醤油          大さじ1.5
砂糖          大さじ1
白すりごま       大さじ3

【作り方】
①ひじきはさっと洗ってから、ぬるま湯で戻し、
 水気を切っておく。しょうがは皮ごと千切り。
 豚肉は一口大にカット。
②鍋にごま油としょうが千切りを入れて火にかける。
 しょうがの香りが出てきたらひじきと豚肉を炒める。
③黒豆とだし汁・調味料を加えて、中火で煮汁が
 ほとんどなくなるまで煮る。
④すりごまを大さじ2加え、さっと混ぜたら器に盛り、
 残りのすりごまをかける。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.