みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

お知らせ

2222.02.22

予約に関して
 
現在HPからのご予約が、
パソコン環境によっては
出来ないことがあるとの報告があります。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

ご予約メールがうまく表示されない方は、
お手数ですが hp@syokutaku-zukuri.jp まで
以下をご記入の上、直接メールにてご予約ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ご希望日(和み食卓 or   クロガネ) 
・昼クラス or 夜クラス
・お名前
・電話番号
 一部スマートフォンへの返信が届きません。
 詳しい地図をお送りしますので、FAX番号か
 パソコンメールアドレスをご記入頂きましたら、
 ご希望の方にご連絡させて頂きます。
・性別
・参加人数
 複数ご参加の場合は、
 全員のお名前・性別もご記入ください。
 ご連絡は申込者の方のみにメールいたします。
・ご質問など
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★送信いただいたお客様のアドレスへ教室からの
 返信メールが届くと、予約受付完了となります。
★尚、ご予約から2日以上返信がない場合は、何ら
 かの
問題でメールが届いていない可能性がござい
 ます。
お手数ですが再送信お願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
バスでの経路

教室の場所、JR芦屋駅 北徒歩3分。
これが一番近い と思っていましたが、
これよりも少し近い交通手段がありました。

夙川~六甲アイランドを走る みなと観光バス。
12系統の JR芦屋駅北側 というバス停。
このバス停から徒歩1分の近さです。

阪急夙川~岡本周辺、阪神御影 六甲アイランドの
方は、このバスを使うと楽かもしれませんね!
詳しくは、
みなと観光バス のHPへ。

 

メールに関して重要なお知らせ

メールに関して一部届いていない事があります。
こちら側では、送信不可の通知が帰って来ないため
確認を取ることが困難です。
(どこかでメールが止まっている可能性もあります。)

ご予約に関しては満席であろうと必ず返信を
しています。
又、お問合せに関しても必ず返信しております。

又、携帯アドレスからのメールに関しては、
返信の時間を朝9時から夜8~9時の間に
出来るだけ返すようにしておりますが、
仕事の都合上、タイミングを逃すと、
1日遅れる事がありますのでご了承くださいませ。

大変ご迷惑おかけいたしますが、
よろしくお願いいたします。


お持ち帰りに関してのお願い 

お持ち帰りに関して時々質問がありますので
改めて表記させていただきます。

本来はすべて食べて頂きたいのですが、
個人により食べられる量が違いますので
教室内で食べきれないお料理は
お持ち帰りしていただいても結構です。
その際、タッパーをご持参ください。
少しずつすべてのお料理を持ち帰る際には
タッパーを数種類お持ちください。

基本的には
タッパーがない場合はすべて食べて頂くか
お持ち帰り不可とさせて頂きます。

出来るだけ、教室用のラップや袋を
使用する事ないようにご自身で管理して頂き、
ご協力いただけると助かります。

よろしくお願いいたします。






瀬戸内の旅 メッセージ付き椎茸

2019.11.11

瀬戸内の旅で購入した椎茸。

パッケージに書いてあったメッセージ通り、
帰った日の晩御飯に少し頂いた。
バター醤油で炒めただけ。
備前で購入した器にもる。
ジューシーで美味しい。


瀬戸内旅土産 備前焼

2019.11.10

瀬戸内の旅で得たもの。
職業上、器の購入は自分に義務化している。
昔は備前焼は好みではなかった・・・、というより、
自分が作る料理が合わなかったのだと思う。

焼き締めのマットな大人っぽい器だなと思っていたが、
改めて見るとやはり渋い器ばかり。
年齢的にもこの渋さが合うようになってきた。

そんな備前焼の中でも、
ちょっと珍しく黄色の入った平皿に目を奪われた。
洋風にも和風にも合う器。

そして事前調査で欲しかった備前玉。
花瓶に入れると花が長持ち、
ヤカンに入れると水が美味しくなる、
米を炊くときに入れるとお米が美味しくなる
と言われる備前焼の玉。
オブジェとしても素敵。
土の力ってすごい。



瀬戸内の旅 津山ホルモンうどん

2019.11.09

鞆の浦のお宿で朝ごはんを頂いた後、

津山ホルモンうどんを食べに岡山県津山市へ。
ホルモンの脂が良いコクで美味しくいただきました。
道の駅で食材を買い込み無事に帰宅。

紅葉はまだ2割程度でしたが、
きれいな山並みと海に癒され、
B級グルメと産地のものを堪能した旅でした。



瀬戸内旅 宿の晩御飯

2019.11.08

旅の宿の楽しみはお料理。

最近は地酒と共に楽しむ。

地の魚介と創作的なお料理で
素材の良さを感じつつ、目にも楽しめます。
鯛が美味しいという事で〆はタイ飯。
干しシイタケの土瓶蒸しでお茶漬けも出来た。

画像に出し切れない位の品数はあった。
食べきれなかった鯛飯はおにぎりにしてくれたが、
私も母もほぼ完食。

お酒が強くないが、
お酒の美味しさを引き立てるお料理で
いつもよりお酒が進んだ。





copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.