みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

柔らかい手

2018.02.16

身体のゆがみを治しに行き、手が固い と言われ、

お花の教室に行って 手に力が入り過ぎ 
と言われる。

生き様が手に現れる。
自分はまだまだなんだと、奮い立たせると共に、
まだ伸びしろがあると 嬉しくもある。

目標は柔らかい手。



うど

2018.02.15

最近はウドの出回る時期が早いから長く楽しめる。

ウドが出たらうどのきんぴら。
さわやかで食が進む。


今年もお味噌教室終了しました

2018.02.14

恒例の味噌教室も無事終了致しました。

ご参加の皆さんありがとうございました。

今年は、お子様から男性の方まで
いつもとは違う味噌教室。
幅が広がって来て嬉しい限りです。

お食事のほうとうも、もう飽きてるかな?
と思いきや、ほうとうを楽しみにしてくれていたり、
大変だけど、みなさんの嬉しそうな顔を見ると、
やっぱりやって良かったと毎年思います。

日本の誇るべく調味料作り。
もっともっと、お味噌作りの輪が広がりますように。



エプロン

2018.02.13

生徒さんよりご紹介頂いたエプロン。

cocochiさん
赤のリネンのエプロンを購入しました。

素敵な箱に上質リネンのエプロン。
肩がこらないデザインで洋服のよう。
色違いも欲しくなる。


未来へ

2018.02.12

ジャムのように
1年を通して旬の物があり何回も作る保存食と
1年に1度しか旬のチャンスが無い保存食がある。

その日その日で作る毎日のご飯も大切だが、
1年間や1年先を見越した保存食は
未来の自分や大切な方達が
健やかでいられるよう願いながら作る
未来へと続く希望のプレゼントだと思う。






copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.