みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

自己流ですが

2018.08.20

大きなお皿を割ってしまった。

再購入しようにも品切れで手に入りそうにない。

幸い割ってしまったのはふちだったので、
金継に出してみようかと調べたらこれも買うより高額。

自分で金継をするにも、
以前チャレンジし、難しくて断念したので、
今回は簡易的に出来る方法を調べて試した。

欠けてしまった部分はパテを埋め込み、
乾いてから彫刻刀で粗削りし、紙やすりで整える。
割れている部分は接着し乾かす。
その後、金漆を塗るだけの方法。

これなら簡単で なおかつ 楽しい。
一心不乱に取り組み、結局45個の器 修復終了。
探してみたらこんなに不完全なものがあったのだ。

金継で修復すると、器が見違えるから不思議。
割れてない時よりも魅力的で愛おしく思える。

欠けている部分を補い生まれ変わる。
自分自身への願いを投影しているのであろうか。





新たに

2018.08.05

教室をしていると、

切ることが苦手な方が多い。
そんな方はおうちではいろんな調理道具を使って
調理の手間を省いています。

調理道具に頼ることは賛成です。
人それぞれ得手不得手があって当然。
それでも料理をするために工夫するのは
その人なりの努力だと思います。

教室では包丁で切ってもらっていましたが、
おうちと同じように気楽にしてもらったらいいか と
教室で使用するための調理道具を2つ購入しました。

生徒さんおすすめのブンブンチョッパー。
そしてずっと使っていた千切りスライサーも、
もう10年以上使って切れ味も悪くなってきたので、
新しいものに買い換えました。

道具を使うからといっても、
全く包丁を使わないわけでもありませんが、
苦手からくるストレスを少しでも減らして
頑張っていきましょう。


IH調理器

2018.07.22

教室で火を使っていると

なかなか部屋の温度が下がらない。
思い切ってクーラーの買い替えと思ったが、
工事がかなり遅れるらしく断念。

ならばと今までカセットコンロを使っていたのを
IH調理器に変えてみようと物色。

デザインがいいのはもちろんだが、
アナログ派の私も満足できるもの と調べ
レバー一つの機能しかないIH調理器に決定。

使う鍋 大きさを選ぶので 
カセットコンロよりも不自由さはあるけれど、
この暑さでも快適に料理出来ないと
料理好きでも嫌になってしまう。

それにしても暑い。



アイスクリームメーカー

2018.05.12

これも頂いた、アイスクリームメーカー。

なかなか買おうとは思っていなかったが、
この機会にうちに来た。

年季の入ってこのアイスクリームメーカーは、
今は無き、National製品。
変に丸みがなく、機能も少ないけれど、
昔の家電製品のデザインは今より よりシンプルで好き。

これでアイスクリームを作れる夏が待ち遠しい。




すき焼き鍋

2018.05.11

頂いたすき焼き鍋。

もうずいぶん使われた形跡がなく、
少し錆びかけていたので手入れをし、復活。
持ち手のデザインもよく、持ちやすさもあり。

使ってあげないと鉄鍋も育たないので、
すき焼きではなく、焼き野菜と豚肉のソテー。
しっかりと油がなじんだこのお鍋は、
焦げ付くことなくきれいに焼け、火通りも早い。

ところですき焼き鍋にはなぜ足がついているのだろう。
うちはガス火なので、
すき焼きに関係なく普段の料理にも使えるが、
IHの方はカセットコンロでないと使えない。
すき焼きだけでなく、普段から使えるいいお鍋。




copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.