みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

ご褒美②

2019.01.20

自腹でのご褒美も器だったけど、

頂いた商品券でもご褒美は器。

民芸調の器は大好きだけど、
スリップウエアばっかりだとちょっとくどいかな とも思っていた。

何かいい器は無いかと
商品券を使おうとデパートでふと見たこの器に一目惚れ。

釉薬ではなく、異なる色の土を練りこんで作る
練上げ という製法での器は
もっとパステルカラーのものでしか見たことがなく、
今まで手に入れる事はなかったが、
柄も形も自分が作る料理には
間違いないなく使い勝手が良い。

好きな器に囲まれる生活は最高。


ご褒美

2019.01.19

おせち作りを頑張った自分へのご褒美。

何にしようかと考えたら 器か調理道具だった。

ということで丹波篠山 今田町へ仕入れに。
今回は洋風のお料理に使いやすい器を
目標にしていたので同じような色のトーンでまとまった。
やはりいつも必ず欲しい器が見つかる。

帰りは三田の森の中の古民家カフェでまったり。
良い休日になりました。



お重

2019.01.15

おせちの時に生徒さんから預かったお重。

漆の塗りの本物のものは、
木のぬくもりと漆の香りでまさにお正月の香り。
生徒さんより承諾を得て撮影させて頂きました。

素敵なお重に料理を盛り付けられるのは
この仕事の特権。
器に見合う料理を作りたいと思うのも
良いモチベーションになる。



バット

2019.01.12

お店をされていて、去年閉店された

知り合いから譲り受けたバットが役に立った。
頂いた時から、おせちに使えるとは思っていたけど、
自分で盛り付ける生徒さんのための仕分けに
毎年手こずっていたが、今年はすんなり出来た。
段取りも大事かもしれないが、
道具ってズムーズに作業するにはやはり大事。
ずっと飲食の仕事しかしていなかったら身近にあったものの、
やはり業務用の調理器具は使いやすい。
大切に使っていきたい。


真っ白土瓶ちゃん

2018.10.17

大きい急須を割ってしまった。

急須替わりのもの あわよくば直火であれ!
と思いながら探していたららちょうど良い物に出会う。

常滑焼の耐熱土瓶。
色はその店には白色しかなかったので選ぶ余地なし。
本来はお湯を沸かすものだが、
お茶専用にして色の変化を楽しもう。
お茶色の貫入が入っていく変化があるのが理想だけど、
どうなるかは使っての楽しみ。







copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.