みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

贅沢油あげ

2019.11.13

瀬戸内旅の帰り道に立ち寄った

津山の道の駅にて購入した大きい油揚げ。
トースターでカリッと焼いて、
大根おろしをネギ、ポン酢をかける。

週1で食べたい美味しさ。
超満足。


瀬戸内の旅 メッセージ付き椎茸

2019.11.11

瀬戸内の旅で購入した椎茸。

パッケージに書いてあったメッセージ通り、
帰った日の晩御飯に少し頂いた。
バター醤油で炒めただけ。
備前で購入した器にもる。
ジューシーで美味しい。


干物は唐揚げも美味しい

2019.10.30

干物は焼くだけでなく

唐揚げも美味しい。
下味がついているので
片栗粉をまぶして揚げるだけの手間いらず。

焼くよりも身がふっくらと
いつもと違う干物の美味しさに出会えるかも。


あっさり塩豚と豆腐のスダチ煮

2019.10.29

塩豚 木綿豆腐 小松菜 刻み昆布を

水を加えて煮て塩麹スダチで味付け。
塩豚とカボスがさっぱりと良い味に。
白ご飯が進むほどではないので、献立には
炊き込みご飯やごはんのお供もも忘れずに。


何でもあり。

2019.10.25

最近は出来るだけおかずを多めに作って

小鉢の多い食事を心がけている。
おかずの組み合わせる食材に理由はない、
ただ家にあったからというだけであっても
立派なおかずになりうる。

茄子 かえりちりめん 切り昆布 ニンニクとショウガ。
油でさっと炒めてからお水を入れ、
ナスがくったりするまで煮てから
水分を飛ばすように煮詰め塩で味を調える。
魚と昆布からだしが出てあっさり味でも滋味深い。

ある程度料理が出来るようになれば、
何でもレシピ通り、検索したものを参考にして作るより、
行き当たりばったりの料理を作る。
この成功経験を積み重ねていけば、
余りがちな食材 などというカテゴリーは消滅し、
家にあるすべての食材が必要なものとなる。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.