みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

2020.01.28

自分にどの調理法が合うかお試し中。

長年、コンロでの調理中心でいたから、
なかなかレンジ調理やグリル調理が身に付かない。

レンジで下処理をする → コンロでの調理 は
ようやく身についてきた。
結局、こっちの方が楽で仕上がりも良い、
という経験をしない限り、身についていかない。

グリル調理もそれだけの練習をすれば
問題なくできるけど、
コンロ調理 レンジ調理 を並行して行うと
グリルに入っていることを忘れて焦がしてしまう。

どうにかそれぞれの調理法で自分に合う料理を
と探っていくと少しずつ突破口が見えてくる。
今はこの突破することが楽しい。




U162 vol.2

2020.01.25

兵庫県龍野市にあるAD HOUSEさん。

洗練された住宅を作る会社です。
1年前にvol.1を作り、今回で2度目。

キッチンのページにて料理を紹介させてもらいました。
教室にたくさんフリーペーパー置いています。
興味がある方は是非お持ち帰りください。


湯通し

2020.01.23

肉や魚 油揚げ タケノコの水煮 蒟蒻など。

生臭みや加工品臭さを取り除くために湯通しをする。
教室でも湯通しすることの方が多いが、
これがひと手間と考える方が多いため、
生徒さんからしなければいけないか 
という質問も多い。

「臭みが気になる方はすることをお勧めするが、
気にならなければする必要はない。」
私はいつもそう答えるしかない。
臭みを感じる味覚は人それぞれ違う。
食材によっても臭みの強さも違う。

自分は大丈夫だけれど、
一緒に食べる人が臭みが苦手だったり、
どうゆう感覚を持つ方かわからない人に
料理をお出しするときは、
丁寧にしてあげればよい。

レシピの手順をそのまま覚えるのではなく、
何のためにする事なのか、
自分の味覚や好みはどうなのかを理解する事が
とても大事になってきます。



鯖の水煮の汁の煮物

2020.01.21

今月の和み食卓で残った鯖の水煮の汁。

良いおだしが出ているので捨てられない。

かぶら ごぼう カリフラワー を煮込み、
塩麹と柚子塩で仕上げる。
あっさり味だけど、こっくり。
麹のおかげでとろみが出るので体も温まる。


おからも醤油麹

2020.01.20

おから料理の試作の為、おからがあったので
桜エビ ごぼう 椎茸 ブロッコリーで
おから煮を作った。

どうせなら醤油麹で試しに作ったら、
全然問題なく出来あがった。
色味は少し悪くなるけれど、美味しさは文句なし。

おからを食べると、どうもお腹が張ってしまうので、
食べ過ぎないようにはしているけれど、
ついついたべてしまう。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.