みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

副菜 ①

2018.07.03

子供のころにうれしかった副菜、

その中の1つとして温泉卵があった。
卵好きとしては、
温泉卵の1品はたまらなく魅力的である。

普通の卵よりお値段的に割高なのに
一人1個ずつ副菜としてつく。
そんな大人の事情も知らないのに、
なんとなく温泉卵があるときは
ちょっと贅沢な日な気がした。

教室をしていて思うのは、
メイン料理ができても副菜に困る方が多い。
全て作るというのは素晴らしいことだと思うが、
無理をして作ることが嫌になるくらいなら、
頼れるものは頼ったらいいと思う。







カフェオレベース

2018.06.29

珈琲豆を買いに行ったついでに

久々にカフェオレベースも購入。
夏場はアイスオーレをよく飲む。

普段は砂糖なし派。
このベースは甘味が入っているので
ぐびぐびは飲めないけれど、
おやつ無くても満足感あり。


保存

2018.06.26

道の駅で購入したお野菜。

生鮮物は日持ちがしないので、
買ってきてすぐに処理をして冷凍。
ナス ズッキーニは油で火を通し味付けせずに冷凍。
そうすれば、トマトソースパスタにも、
麻婆風にも、揚げ浸しにも 
どんな味にも変化してくれる。

加熱調理は必要だけど、
しばらくは、ひと手間いらずの調理でらくちん。



保存食

2018.06.21

そろそろ梅干し仕込み。

この季節はスーパーに行くたびに梅の状態のチェック。
一番ベストなタイミングで購入し仕込み始めた。

スーパーの買い物かごに梅を入れていると、
知らない方から声をかけられる。
保存食を作っているとよくある事。

何キロ作るの?
この時期にしかチャンスがないから・・・。
梅の水が上がってきたらほっとする。

ああ、この方も私と同じ失敗を重ねてきた方だ 
と、この会話だけでわかりあえる。

人とお話しするのは苦手だけれど、
数秒のこんな会話はうれしい。
とても良い事があったかのようにうれしい。
保存食がくれたご褒美のようでうれしい。


ジメジメ

2018.06.15

そろそろ梅雨時期。

カビが生えやすくなる季節、
そして作ったお料理も腐りやすくなります。

季節によって冷蔵庫のチェックの仕方も
工夫して、気持ちの良い食卓にしましょう。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.