みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

穂紫蘇塩つけ

2018.10.05

穂紫蘇が売っていたので塩漬けに。

枝から穂紫蘇を取り外し、
熱湯でさっとゆでる。
キッチンペーパーでしっかり水分を取り、
そのまま冷凍したかったが、変色を防ぐため
穂紫蘇の分量の10%の塩を混ぜ瓶詰め。
冷蔵で長期保存には向かない塩分なので
この状態で冷凍保存。

ついていた紫蘇は昆布と共に醤油漬けに。

まずはパスタに使おうかな。


梅酢麹

2018.09.18

冷蔵庫で隣同士に置いていたから、

組み合わせたろっ って軽い考え。

梅干しを作った時に残った梅酢 
と 残っていた麦麹。
麦麹に対して 梅酢と湯を合わせて同量。
1晩温かいところで放置。

出来上がり、そんなにしょっぱくなく程よい酸味。
とりあえずは茹でタコ きゅうりと和え、まずまず合格。
色がきれいで酸味がある麹はなかなかい。
面白いので使いこなせるかしばらくお試し。



実山椒

2018.05.17

ようやく実山椒がスーパーに並ぶようになった。

今年のおせちの時に使い切ってしまっていたので
待ってましたの実山椒。

粉山椒とはまた違った風味で、
お浸しや煮物のアクセントになるので
常備必須の食材です。

小枝と実を取り外し、
さっと塩ゆでして冷ましたら冷凍保存。
これで1年分は確保。



菊を食す

2016.10.20

食用菊。

お浸しやサラダ、スープなどに使えます。
余った菊は甘酢に漬けて保存。
そのまま箸休めにしたり、
ちらし寿司に入れたり。

花を食すとは なんと風流な。


白みそ

2016.02.24

お味噌は作り始めてからもう10年以上になるが、

今年は初めて白みそ作りにもチャレンジしている。

普通のお味噌より麹の量は多いけど
塩の分量は控えめ。
大豆さんの薄皮もすべて取り除いてみた。

熟成期間も短期間。
今の所 味の方向性は
間違ってないような気がする。
この先 どんな味わいに着地させるかは
様子を見ながら失敗覚悟で挑むのが、また楽し。








copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.