みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

これがないと始まらない

2012.08.03

店を作ったからと言って
すぐに営業が出来る訳ではありません。
何を提供するか、何を作るかにより
それに必要な営業許可を取らないといけません。

私の場合は、料理教室中心。
ご自宅で料理教室などする場合には
営業許可は必要ないそうですが、
(各地域によって判断が異なる可能性もありますが)
将来的には飲食店も視野に入れていたため、
飲食店営業許可が必要。

そしてその中で、パンやお菓子が販売できれば
という事を思っていたので
菓子製造業許可も必要。

この二つの許可を取ろうと思ったら、
それぞれにキッチンが1つずつ必要。
幸い、この物件を下見した時に、
菓子製造業の方のキッチンはもうすでに
工事することなく許可が下りる状態だった。
後は飲食店用のキッチンを規定に従って
追加していくだけであった。

教室内にある手洗い洗面もその規定の一つ。
工事が始まる前に、何回か保健所に
図面を見せ、改善が必要な所は改善した。

工事が終わり保健所の実地調査を経て
許可が下りた。

飲食店・教室に来られた生徒さんにのみですが
パンやお菓子の販売が可能になりました。
自分の可能性をもっと広げるために
いろんな事にチャレンジしていこうと
思っています。



HP完成

2012.07.10

HPが完成しました。

みんなで囲む「食卓づくり」を
というタイトル。

主に料理教室を中心とした場所です。

現在まで、
限られた方々だけで開催していた
和み食卓 という家庭料理。

それに加え、
秋~冬にかけて開催予定の
ダッチオーブンや鉄鍋を使った
マニアックな料理教室 クロガネ。

この二つを予定しています。


日常的な女性的な料理 と
非日常的な男性的な料理。

相対する二つのことをしようと思ったのは、
自分自身が 女性の部分と男っぽい部分 で
成り立っているから

自分自身を表現しようと思ったのかもしれない。


ただ二つの料理教室に共通するものは 食卓。

何よりも食卓を大切にして欲しい
という想いをこめています。

フランス料理・イタリア料理・玄米菜食・
パン・お菓子・・・、
色んな料理教室があります。

何を習いたいか、何を教えてくれるのか、
それぞれ明確です。

もちろん私の料理教室でも、
きっちり料理をします。

それに加え、
料理を通じ食卓の大切さをなんとなく
感じとって頂き、和みのある食卓を
どんどん広げていって頂けたら・・・、
という想いです。

私自身もまだまだ未熟ですが、
一緒に温かい料理教室にしたいと思います。


これより、現在のブログは終了になり、
HP上のDiaryにてつづっていきます。

現在のブログも徐々に
Diaryに移行中ですのでレシピは残ります。

店内様子は、貸スタジオのページにて
どんどん様子を公開していきます。

料理教室の予約ページも予定が決まり次第、
募集いたします。

8月スタートになります。

新たにどんな方々にお会いできるのか楽しみに、
もうひと踏ん張り準備頑張ります。

よろしくお願いいたします。


ショップカード

2012.07.05

ショップカードや名刺、シールなどなど
いっぱい出来上がってきました。

いっぱいいっぱい打ち合わせしながら
出来上がった。

写真は裏面、
かっちょよくしてもらいました。


フローリングとご対面

2012.07.04

養生されていたフローリングが
やっと顔を出した。

今まで土足で養生の上を歩いていたので、
大掃除。

掃除が終わり、待ちに待った家具配置。

まだそろっていない家具もあるので、
いったんある家具だけで配置。

何が、どんなものが必要かを考えて
買い足していく。


いろんな素材を楽しむ

2012.06.28

店舗を作るうえで、いろんな素材に触れてきた。

木の塊、石の塊、錆びた鉄、古いファブリック・・・・

よく考えて購入するものから、直感で決定するものまで。

いろんな国、いろんな時代・・・。

好きなものばかりチョイスしても、

まとまりがつかないから
プロの方と相談して、雑貨選びからすべて慎重。

ようやく見え始めてきた。

決まりすぎないように、少し崩しながら、
納得のいくまで探します。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.