みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

ハンガーラック

2012.07.12

これからの夏場にはそんなに活躍はしないが、
店の印象を決める一部としては重要なアイテム。
店内もさほど広くもないので、
床に置くタイプではない方がいい。
 
色々探している時に、
仲良くさせてもらっているケーキ屋さんに
雑貨屋さんを教えてもらった。

そして見つけたハンガーラック。

フランス製の古い滑車を組み合わせて作ったもの。
アイアン製なので、どっしり重い。
真っ白の壁にうつる白と黒のコントラスト。
使わないときはオブジェとして、存在感大。


手洗い洗面台

2012.07.11

料理教室中心ということで、店内に手洗い場所は必須。
シンプルで存在を隠すようなものも考えたが、
逆にこだわってみよう。


アドバイスもあり、古い洗面台を探していた。
たいていは白い昔の病院の琺瑯の物。
神戸の雑貨屋さんを巡り、偶然 銅の洗面台に遭遇。

これを改造して作ってもらった。

この洗面台に合うハンドソープとペーパータオル置き。
プラスティックのペーパータオル入れが似合わない。
考えに考え・・・・・、
またまた神戸の雑貨屋さんで出会ったもの。
鉄のすり鉢。
明治頃の日本製、漢方を作る際に実際に使っていた。
どっしりと重く存在感がある。
これにペーパータオルをさらっと入れる。

このハンドソープとペーパータオルとおく台。
同じ神戸の店で最初はスチールのスツールを見ていたが、
この木の塊にどうしても魅かれた。
江戸末期のケヤキの木の塊。
こんなにも時が過ぎているのに、こんなにきれい。
これに合うように雨ざらしの石を買って台にした。

手を洗いたくなるような洗面台。
美術館のオブジェのように美しい。


ハーマンのガスコンロ

2012.07.09

いろいろ悩みながらお店の設備を選びました。

ガスコンロについては、
家庭料理をしているからには家庭用の物を。

これはずっとずーっと前から思っていたこと。


後々始める予定の
鉄鍋料理の料理教室のことも考え、

グリルの中にダッチオーブンが入る、
ハーマンのガスコンロをチョイス。

シンプルでかっこいいデザイン。

火加減はつまみを回すタイプの方が
私は扱いやすいのでちょうどいい。

点火したことを忘れるくらいの静かさ。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.