みんなで囲む「食卓づくり」を

Diary

イチゴバニラジャム

2012.04.27

ジャムの王道、イチゴちゃん。

必ず作るジャムです。

バニラシュガーを使って仕上げました。


【材料】
イチゴ      お好きなだけ
バニラシュガー  イチゴの30%の分量
レモン汁     あった方がよい(少量でも可)

【作り方】
①イチゴは洗ってからヘタを取り水気をしっかり
 取ってから、8等分くらいにカットする。
②①のイチゴにバニラシュガーをかけて冷蔵庫で
 1晩おく。
③鍋に②とレモン汁を入れ、強火にかけ、あくを
 取りながら煮詰める。
④清潔な瓶に入れて、逆さにして冷ましたら
 冷蔵庫にて保存。


リンゴとオレンジとバナナのジャム

2012.03.23

タルトタタンを作るには
明らかに少ないリンゴ、
試作で残ったバナナ 1本、
頂き物のオレンジ。

何を作ってやろう・・・、と思ったが、
結局朝ごはんのヨーグルト用のジャムが
なくなってきたのでミックスジャムにした。


【材料】
リンゴ       2個
オレンジ      2個
バナナ       1本
レモン       1個
グラニュー糖    フルーツの正味量の30%

【作り方】
①リンゴは皮と芯を取り除き、1cm角程にカット、
 オレンジとレモンは皮をむき、
 小房から実を取り出しておく。
(小房の部分は絞って汁を取っておく)
 バナナは皮をむき、細かく切っておく。
②①のフルーツと汁の分量を量り、
 その30%の砂糖をまぶしておく。(1時間くらい)
③②を鍋に入れて強火で煮詰める。途中あくを取り除く。
④清潔な瓶に入れて、逆さにして冷ましたら
 冷蔵庫にて保存。


生姜のコンフィ

2012.01.03

お正月に皆が集まる時のお菓子。

淡路島旅行で買ってきた
徳島県のしょうがを使ってコンフィに。

じっくり時間をかけて、手間をかけて作る
昔ながらのしょうが糖になりました。


【材料】
生姜      2山(約350g)
グラニュー糖  しょうがと同量
水       適量

【作り方】
①生姜はスプーンを使って薄く皮をむく。
 繊維を断ち切るように薄くスライスする。
(繊維に沿って切ってしまうと食感が変わります)
②さっと水で洗ってから鍋に入れ、水をたっぷりと
 注ぎ火にかける。沸騰したらザルでこし、また鍋に
 戻し入れ水を注ぎ火にかける。
③味をみて辛みが和らぐまで②を何回か繰り返す。
④辛みが和らいだら、きれいなお水
(浄水器の水などがいい)をひたひたに注ぎ、
 次は柔らかくなるまでじっくり弱火で煮る。
 そのまま一晩おき、冷ましておく。
⑤次の日に④を鍋にかけグラニュー糖の1/3の量を
 入れ、煮溶かしたら15分程弱火でコトコト煮て
 そのまま1晩おく。(水分が減っていたら足す。
 常に生姜は水分に使っているようにする)
⑥⑤の作業をグラニュー糖がすべて入るまであと2回
 繰り返す。
⑦すべて砂糖が入ったら火にかけ、強火で焦げない
 ように絶えず混ぜながら煮詰めていく。水分がほとんど
 なくなったら火を止める。(火を止めたら、急激に
 砂糖が固まって結晶化してきます)
⑧熱いうちに1枚1枚はがしてくっつかないようにする。
 出来立ての温かいうちに食べると、とても美味しい
 ですよ!作っている人の特権です。


お正月はおせちでお腹いっぱいになるので、
ちょこちょこつまめるようなお菓子に。

下:
12月料理教室でのデザート 黒糖胡桃とともに。

この他、
カロリー控えめの抹茶のシフォンケーキ
お正月のおやつになりました。


スダチのマーマレード

2011.12.31

昨日の橙のマーマレードに引き続き、
自家製のポン酢を作った
残りのスダチでもマーマレードを作る。

作り方はいっしょだが、
砂糖の割合が少しだけ違う。

スダチが爽やかなので、少しだけ
甘味を強くする方がバランスが良い。

必ず素材の味をみてから
砂糖の配合を見つけるようにしています。

生のままのスダチの色合いは
なくなりますが、やはり薄いグリーンの
綺麗なマーマレードになりました。


【材料】
スダチの皮(薄皮と種も) 適量
グラニュー糖     橙の皮の部分のみの重量の40%
水            適量
*私はジャムを作る時は、素材の味を出したいので、
 雑味のないグラニュー糖を使いますがお好みで
 使い分けて下さい。

【作り方】
①皮は薄く切りにする。
(白い綿の部分が多すぎる場合は少しそぎ落とします)
②薄皮はフードプロセッサーでペースト状にする。
 種はお茶用の袋に入れておく。
③①の皮を水にさらし、軽くもみこむように
 水の中で洗う。2~3回水を変えながら洗う。
④鍋に水切りした③と水を入れて火にかけ、
 沸騰してきたらざるでこす。
⑤④を3~4回繰り返す。(食べてみて苦みやえぐみが
 気にならなくなるまで繰り返す)
⑥苦みが取れたら、鍋に入れ、②と水(出来れば浄水器
 の水など)をひたひたくらい入れ、皮が柔らかくなる
 まで煮る。あくは丁寧に取り除く。
⑦種が入った袋を取り出し、砂糖を加え、強火にかけ
 好みのとろみまで煮詰めたら清潔な瓶に入れて、
 逆さにして冷ましたら冷蔵庫にて保存。
 未開封なら3ヶ月位は持ちます。


橙のマーマレード

2011.12.30

自家製のポン酢の為に
果汁を絞った後の残骸をジャムに。

薄皮と種も重要な役目。

種は使いすての紙の袋(お茶用)に
入れて一緒に煮出します。

長期保存は目的としていないので、
甘さは控えめ。


【材料】
橙の皮(薄皮と種も) 適量
グラニュー糖  橙の皮の部分のみの重量の35%
水          適量
*私はジャムを作る時は、素材の味を出したいので、
 雑味のないグラニュー糖を使いますがお好みで
 使い分けて下さい。

【作り方】
①皮は薄く切りにする。
(白い綿の部分が多すぎる場合は少しそぎ落とします)
②薄皮はフードプロセッサーでペースト状にする。
 種はお茶用の袋に入れておく。
③①の皮を水にさらし、軽くもみこむように
 水の中で洗う。2~3回水を変えながら洗う。
④鍋に水切りした③と水を入れて火にかけ、
 沸騰してきたらざるでこす。
⑤④を3~4回繰り返す。(食べてみて苦みやえぐみが
 気にならなくなるまで繰り返す)
⑥苦みが取れたら、鍋に入れ、②と水(出来れば浄水器
 の水など)をひたひたくらい入れ、皮が柔らかくなる
 まで煮る。あくは丁寧に取り除く。
⑦種が入った袋を取り出し、砂糖を加え、強火にかけ
 好みのとろみまで煮詰めたら清潔な瓶に入れて、
 逆さにして冷ましたら冷蔵庫にて保存。
 未開封なら3ヶ月位は持ちます。



copyright © 2012 Syokutaku-Zukuri, all rights reserved.